脱毛器で脱毛する

家庭用脱毛器のメリットとデメリット

美容外科や脱毛サロンで脱毛をする人が増えています。施術費用が低価格になってきたとはいえ、定期的に通わなければならない手間やスタッフに施術してもらう恥ずかしさを考えると躊躇する人も多いです。最近は自宅でできる家庭用脱毛器も販売されるようになり人気があります。自宅でできる脱毛器を利用するメリットとしては、自分の好きなときに自宅で気軽に脱毛できることや人に見られる恥ずかしさがない、家族で共用できるといったことがあげられます。逆にデメリットは、最初に脱毛器を購入するための初期費用がかかることや美容外科や脱毛サロンで使用している機器よりもパワーが弱いので、脱毛効果が弱いと感じることです。ただ、家庭用脱毛器も続けるうちに毛が薄くなったり、ムダ毛が少なくなるという効果を実感する人は多いです。

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器といっても種類があります。自分に合ったものを選ぶために、選び方のポイントをご紹介します。

まず市販されている家庭用脱毛器には、フラッシュ式とレーザー式の2種類があります。フラッシュ式は、脱毛サロンで主流となっている方式ですが、ムダ毛のメラニン色素に光を照射することで毛根にダメージを与えて脱毛するものです。脱毛サロンで使用するものよりも出力は弱いですが、痛みが少なく照射面積が広いのが特徴です。レーザー式は医療用レーザーと同じ仕組みですが、もちろん出力は低いです。ただフラッシュ式よりも効果を実感しやすいのが特徴です。

購入する前にはこのような特徴を踏まえながら、使用可能な部位やレベル調整ができるか、カートリッジ交換は必要かなどをチェックして、安全でコストパフォーマンスの良いものを選ぶようにしましょう。

脱毛サロンは、脱毛方法によってかかる時間は異なりますが、両脇の1回のお手入れなら数分で終わってしまいます。